温故知新はカッコイイ☆日本古来のファッション「着物」を着こなす男になろう!!


お祭りの場で浴衣を着始めてから、「着物」というものに興味を持つようになりました。

日本古来の服装ということですから、着物を着ているとなんとなく日本人としてのアイデンティティが沸き上がってくるような心持ちがしますね♪
でも着物を着るのは敷居が高そうだし、お金もかかりそうで自分にはちょっと・・・・

というような方も多いと思いますので、着物ファッション初心者の自分が調べてみたことをここではちょっとまとめてみたいと思います!

●着物の格式って何よ?
いわゆる「ドレスコード」ってやつが着物の世界にも存在します。
私もよく知らなかったのですが、着物にも「礼装」「準礼装」「外出着」「着流し」といった段階の格式が存在します。
パーティー等では着物の格式について知識がある人は少ないかも知れませんが、だからといって着流しを着ていってはNGということですね。
別に頭に入れておく必要はないかもしれませんが、TPO別の着こなしがあるということは知っていて損はありません!

●どこで買えばいいの?
着物は呉服屋、という連想はある程度年配の方ならば当然のことかもしれませんね。
ですが、若い人は呉服屋の存在すら知らない人も結構いるのではないのでしょうか?

呉服屋の他にも百貨店の着物コーナーに行く方が、初心者の方は行きやすいかもしれませんね。
今では男性向けの着物もだんだんと充実させている売り場が多いので、男性向けの特集や企画をやっている百貨店などを選ぶのも良いですね。
気になるお値段ですが、大体仕立て代も入れて40~60万円程度を考えておくのが良いでしょう。

どうしても古着屋さんで購入するのもひとつの手です。
古着屋さんで売っている着物はすでに他の人向けに仕立てが行われたものですので、サイズが合うかどうかが肝

多少丈が短い等の場合は折り込んである部分を伸ばして、丈を調節したりすることも出来ますので、ジャストサイズでなくてもある程度は大丈夫です。
後は古着屋さんで購入する場合は、古着特有の匂いが付いていたりすることもあるのでそこらへんも注意が必要ですね☆

また、通販需要の高まりから今ではインターネットで着物を販売している業者もいくつか存在します。
楽天などのモールで検索してみると何十万件もヒットするのでびっくりすることでしょう。
ですが初心者の場合はインターネット通販で着物を購入するのはあまりオススメ出来ません。
特に一着目の場合でしたら避けた方が良いでしょう

業者側にあまり知識がないこともありますし、他で仕入れたものを流しているだけといったケースも多く見られます。
自分の身体のサイズなどがわかっており、今までに何着が着物を購入してきた方がインターネット通販を利用するのはコストパフォーマンスの面で優れているかもしれませんが、初心者にはあまりオススメできませんね。

●着物を着る際の小物について
洋服を着ている時に付けているような小物をそのまま着物を着る時に付けるとどこか違和感を感じてしまうケースは多いでしょう。
代表的な例は腕時計やバッグ、靴等ですね。

腕時計に関しては、着物を着る際には外したほうが様になるかとは思うのですが、どうしても付けたいのであれば金属ブレスタイプのものは避けて、革ベルトのシンプルな3針のものがオススメです。
鞄についても判断が難しいところですが、それほど荷物が多いのでなければ信玄袋の利用がベターではないでしょうか?

信玄袋と書くといまいちイメージしずらいかもしれませんが、巾着袋ような形をしており袋の口を紐で縛って紐の部分を手に持ってぶら下げて持つ袋のことです。
靴に関してはやはり草履か雪駄が着物の雰囲気を存分に高めてくれると思いますのでオススメです!

着物を着て出歩くまでには、色々と一式揃えなければいけませんしある程度の予算もかかってしまいます。
ですが、いきなり全てを揃える必要はありませんので、自分の予算や時間に応じて少しづつ着物を着るためのアイテムを揃えていけばいいのです♪

着物は歳をとるごとに似あっていくものだと思いますので、ある意味一生物の趣味

奥が深い世界でもありますので、若いころから着物の世界に慣れ親しんでいけばかなり充実した時間を楽しめるのではないでしょうか。

私もまだまだ着物の初心者ではありますが、少しずつ呉服屋に足を運んでいきながら勉強して、お気に入りの一式を揃えていけるように頑張りたいと思います☆

 

このページの先頭へ